導入事例

  1. トップ
  2. 導入事例
  3. 11人以上   東京
  4. 【作業時間が30%削減】KiteRaの導入は事務…
2021/09/29
11人以上
東京

【作業時間が30%削減】KiteRaの導入は事務所のブランディングにも有効

法人名:肥後労務管理事務所
URLhttps://hr-oneteam.com/
事務所規模:55名
回答者:肥後労務管理事務所 代表 平井俊輔 先生
   :肥後労務管理事務所 吉岡教子 さん

就業規則作成はコストパフォーマンスが悪い業務だった

――KiteRa導入を行う前に就業規則の作成に関して課題はございましたか?

吉岡さん:

今までの課題は、就業規則を改定する毎にインデックスや体裁を整えることに時間がかかり過ぎてしまうことでした。KiteRa導入前は就業規則の作成には最短で1ヶ月、長くて3ヶ月程の時間がかかっておりました。正直申し上げて就業規則業務のコストパフォーマンスが悪くいため、積極的に受注したい業務ではありませんでした。

――KiteRa導入の背景やきっかけを教えてください。

平井代表:

船井総研さんからのご紹介でKiteRaのサービスを知り、植松さん(株式会社KiteRa 代表取締役)からサービスのご紹介をいただきました。とても業務効率に繋がるサービスだと思ったのと同時に、同年代の経営者である植松さんのお人柄に惹かれてKiteRaを導入いたしました。

社内のコミュニケーションも円滑に

――KiteRaをどのように活用してますか?

吉岡さん:

KiteRaでは顧問先の規程のインポートを行い、既存の就業規則を改定することをメインで活用しております。就業規則のボリュームに比例して、条数・インデックスの整理や新旧対照表の作成に時間がかかっておりましたが、KiteRaを使うことでこの時間が大幅に削減することができております。またシステム内のマーカーやコメント機能で所内のメンバーと情報の共有を行うことで、所内のコミュニケーションが円滑に進めることができるようになりました。

――KiteRaのカスタマーサポートを利用したことはございますか?

吉岡さん:

KiteRaをバージョンアップした際にデータの移行作業でお手伝いいただきました。カスタマーサポートの方にはちょっとしたことでも、簡単に聞くことができ、対応も非常に迅速なので大変助かっております。使い方についてわからないことがあっても、ヘルプ機能で大方の不明点は解決できますし、使い方動画があるのも嬉しいですね。

KiteRaによって作業時間を30%以上削減することができる

――KiteRa導入によって具体的な効果はございますか?

吉岡さん:

就業規則の作成は現在すでに進行中の案件もあり、お客様に合わせて、KiteRaと、ワードの2つを並行して使用しております。

文書作成ソフトでの作成ではやはりインデックスの修正や新旧対照表の作成に時間がかかり、就業規則の本質ではないところに工数がかかることにどうしてもストレスを感じてしまいます。一方KiteRaの導入により就業規則の作成にかかる時間は30%以上削減する事が出来るくらい負担は軽くなっていると感じています。総合的に考えて、今後はKiteRaでの作業に一本化していきたいと思っております。

――顧問先の企業は就業規則のクラウド化に対して、どのような感想がありましたか?

平井代表:

就業規則作成の依頼を受け、KiteRaの設問形式で就業規則の作成を行ったことがあります。就業規則について顧問先はあまり重要視することは少なく、専門的な言葉も出ますので途中で飽きてしまう顧問先も多いと思います。KiteRaで就業規則を作成した時は、作成完了まで進捗が見えるので、顧問先も就業規則を把握することができ、顧問先の就業規則の理解や把握に繋げることができ、お客様にもご満足いただけていると思います。さらに、現時点では、KiteRaの共有機能を使ってはおりませんが、今後KiteRaでの共有を積極的に進めていく方針です。KiteRa上で共有を行えば、より顧問先とシームレスなコミュニケーションが取ることができ、顧問先の先生もよりご満足いただけると確信しております。

KiteRa導入は事務所のブランディングにも効果的

――現在KiteRaを検討している社労士の先生方にメッセージがあればお聞かせください。

平井代表:

今ではまだまだ就業規則のクラウド化は一般的ではないと思います。ただ現在ではかなり浸透している年末調整のクラウド化はつい2〜3年ほど前は一般的なサービスではなかったことを考えると、今後2〜3年で必ず就業規則のクラウド化は当たり前のサービスになっていると思います。

就業規則のクラウド化が当たり前になった時代で、社労士として就業規則のクラウド化は事務所のブランディングにも貢献すると思いますし、事務所内部でも「この事務所まだ就業規則をクラウド化していないんだ」と所内からも悪い評価を受けることになると思います。

開業間もない先生などは、顧問先が少ないとこういったサービスを導入することはとても勇気がいることだと思いますが、KiteRaは社労士の業務効率化ツールだけでなく、事務所のブランディングを内外からあげることができるツールであり、今後の社労士事務所にとっては必要不可欠なサービスであると思います。

今導入を検討されている先生方は是非お試しいただき、KiteRaを導入してみていただきたいと思います。

―― 貴重なお話をありがとうございました!是非これからもよろしくお願いいたします。

肥後労務管理事務所
吉祥寺、王子、渋谷、松本の4拠点で活動し、「走りながら考える」こと大切にしながら、ベンチャー企業から上場企業までをフルサポートさせていただいております。顧問先の成長ステージに合わせたサービス提供を目指しておりますので、他分野のプロフェッショナルともネットワークを構築し、万全の態勢でサポートいたします。

KiteRa-Pro-の
詳細を確認できます
KiteRa-Pro-の詳細が分かる資料や説明会をご用意しています。全て無料となっていますのでお気軽にお申込みください。
資料請求
お問い合わせ