規程整備により、リモートワークでも円滑な業務推進体制を目指す

  1. トップ
  2. 規程整備により、リモートワークでも円滑な業務推進体制を目指す

クラウド上で規程作成・管理〜周知まで実施可能が決め手

●なぜKiteRa Bizの導入を決めたのか教えてください

岩佐様:規程の作成・編集から社員への周知までクラウド上で実施できるのが一番の決め手でした。当社は中途入社の社員が多いため様々なバックグラウンドを持ったメンバーで構成されております。また、基本的にリモートスタイルで就業しています。
KiteRa Biz導入以前は明文化されていない社内ルールもあったことから、社員も増えていく中で、会社として円滑に業務を推進していくためのルールとして規程整備の必要性を感じていました。
当時は別のサービスを使用していたのですが、規程業務に特化したサービスではなかったため使いづらさを感じており、何か別のクラウド系のサービスがあれば良いなと思っていました。
そのような中、たまたま展示会でKiteRa Bizを知り、興味を持ったのが導入のきっかけです。規程業務に特化しているため、体裁を整える機能や新旧対照表などの機能が備わっており、サービスとして良いなと感じましたし、雛形だけでなく設問形式で規程を作成できるところも魅力的でした。
これから規程を策定していくには非常に有用なサービスだなと感じ、KiteRa Bizの話を聞いてから2、3週間ほどで導入を決めました。

沖森様:KiteRa Bizを利用することで、文書作成ツールを使用していた際の管理の煩雑さを解消できるのも良いところですよね。章・条番号の修正や新旧対照表の作成など本質的な業務でないところで時間を取られてしまっている状況を打開できるのは非常に良いなと感じていました。

山下様:また、新規で就業規則を作成してみた際に、雛形の中にセキュリティに関する規程や育児に関する規程などが出てくるので、就業規則を作りながら次はこれを作らないといけないんだなと分かったのも良かったです。

KiteRa Bizで完結する世界観に期待

●KiteRa Bizに期待していることを教えてください

沖森様:規程管理台帳のような、規程のライフサイクルを全て管理できるようになったら良いなと思っております。KiteRaのサービスが人事労務領域の規程がスタートだということは承知しているのですが、将来的には情報セキュリティ規程など他の専門領域のサービスと連携し、規程関連は全てKiteRa上で確認できるようになると、さらに便利になるだろうなと考えています。

当社としては、規程の作成から周知、そして、現在は社会保険労務士に代行を依頼している労働基準監督署の申請を将来的にはKiteRa Bizで内製化したいなと考えており、全てがKiteRa Biz内で完結できる世界観に期待しています。

また、新機能としてリリースされた承認フローは良い機能だなと感じています。一方で、承認フロー作成の際に、ユーザ単位での設定ではなく、役職単位で設定できるようになるとさらに使いやすくなると思っているので、今後機能のアップデートがあると良いなと感じています。

効率的な規程作成により、ゼロから規程整備が必要な企業に対して効果を発揮

岩佐様:KiteRa Bizの話を最初に聞いた時、率直に便利だな、効率的に規程作成が進められそうだなと思いました。以前別の会社で規程業務を行っていた際は、版の管理や体裁の修正など本質的ではない作業で時間が取られており、もったいないなと感じていましたが、KiteRa Bizではまさに機能として備わっていたので、規程の内容を整備することに集中して時間を使えるようになると感じています。

山下様:KiteRa Bizは規程をゼロから作成していくような、スタートアップ企業やベンチャー企業では特に活用できそうなサービスだと思います。

沖森様:私も同じ意見です。業務プロセスを全てKiteRa Bizへ寄せるような方向性で活用すると非常に業務が効率的になると思っており、スタートアップ企業やベンチャー企業が特に導入がしやすいのではと考えています。

●貴重なお話をありがとうございました!是非これからもよろしくお願いいたします