KiteRaは就業規則の電子化に取り組むには最適なプロダクト

  1. トップ
  2. KiteRaは就業規則の電子化に取り組むには最適なプロダクト


導入至るまでの過程や導入後の変化などを伴先生、瀧田様にお話をお伺いいたしました。

課題
・知識、形式にばらつきがあり、作業時間もかかっていた
KiteRaが解決
・一定数の形式に揃えることで、安心して顧問先に提供ができている
・体裁を整えることが楽になり、作業時間もカットできている

待ちにまった就業規則作成・編集のプロダクトのリリース

●KiteRa 導入前の貴社のご状況や知っていただいたきっかけをお聞かせください

伴先生:KiteRaを導入する前は、各担当者ごとで知識のばらつきがあって、属人的な作業になっているのが課題としてありました。当時は、就業規則に関するサービスがそこまで多くなかった時代だったので、『こんなサービスあったらいいよね』と事前に社会保険労務士の仲間内と話してました。

実際に話していたサービスがKiteRaからリリースされるという話を聞いて、すぐに知人の社会保険労務士の方から植松社長をご紹介いただき、まず面白そうだし使ってみようという気持ちで導入に至りました。

就業規則作成・改訂で顧問先を待たせることが少なくなった

●実際にKiteRa Proを導入して良かったことを教えてください

瀧田様:新規で就業規則を作成したいという企業様にすぐにお渡しできるようになったことは良かったことです。今までは時間がかかっていて、そんなに時間かかるものなの?と思われていた部分もあるだろうなと。体裁を整えるのが非常に楽なので、作業時間削減ができています。

削減できた時間を顧問先のフォローにあてることもできたので、契約を取りやすくなったと思います。

●よく利用いただいている機能などはございますか?

瀧田様:電子申請をよく利用させていただいてます。電子申請のシステムを探していたのですが、なかなか良いのがなくて、KiteRaさんから電子申請がリリースされた時にすごいありがたいなって。活用してみると、便利だし早いし、なくてはならないものですね。

●KiteRaのサポート体制はいかがでしょうか

導入初期の段階は相談や質問をさせていただきました。すぐに的確な回答をいただけて、大変助かっております。

社会保険労務士法人アドバンス 瀧田様

今後はより一層プロが使うプロダクトに

●KiteRaに要望などございますでしょうか

伴先生:就業規則を作成することは、労務管理を学ぶのに非常に良い仕事です。学びや付加価値が重要ですし、プロ目線のシステムはKiteRaだよねと注目されるぐらいになれると期待をしております。

●どのような事務所にKiteRaはおすすめでしょうか

伴先生:2つに分かれると思います。

3号業務に取り掛かろうというスタートしたばかりの事務所、顧問先との就業規則の電子化に取り組んでいきたい事務所にはうってつけのプロダクトだと思いますので、おすすめします。

●KiteRaをご検討いただいている社会保険労務士の方にメッセージをお願いいたします

瀧田様:私は有資格者ではないのですが、KiteRaを使うとこれで合っているという安心感があります。また、作業効率面も断然に早くできるので、まず使っていただくのが一番いいのかと思います。

伴先生:社会保険労務士の仕事はどの士業よりもITとの親和性が高いと思っています。ITリテラシーを高めていかないと、置いていかれてしまう。新しいものをどんどん取り入れていく姿勢が今後より求められると思っています。そのサポートとしてKiteRaをまず使ってみる、使ってみないとわからないので、ぜひ取り入れてみるのがいいと思います。

●貴重なお話をありがとうございました!是非これからもよろしくお願いいたします