KiteRa導入によって就業規則作成業務の課題を解決

  1. トップ
  2. KiteRa導入によって就業規則作成業務の課題を解決

知識量・経験値の差が出る就業規則作成

●KiteRa導入を行う前に就業規則の作成に関して課題はございましたか?

藤武先生:課題は2つありました。まず1つはお客様に納品する規程の体裁に統一性がないことです。以前は文書作成ソフトで就業規則を作成しておりましたが、担当者の文書作成ソフトの経験値の差による規程のクオリティのばらつきに課題を感じておりました。

目次、体裁を整えるだけでも担当者によってバラつきがあり、お客様に納品する際には、文書の体裁のチェックなど細かいところから統一していく必要がありました。

もう1つは、就業規則の作成には担当者の社労士としての経験の差が出てしまうことです。経験によるクオリティの差が出るというよりは、就業規則は経験がないと作ることができないので、就業規則を作成するための経験と実績を積むのに時間がかかっていました。

設問回答形式で経験値がなくても就業規則を作成できた

●KiteRa導入をしていただいたきっかけを教えていただけますでしょうか?

藤武先生:普段から業務改善につながるものにはアンテナを常に張っています。ちょうどKiteRaさんに資料請求したタイミングと他の方にご紹介いただいたタイミングが重なり、導入に至りました。

●KiteRa導入後、就業規則作成業務はどのように変わりましたか?

藤武先生:2点重宝している機能があります。編集機能が充実していることと設問形式で規程を作成できることです。編集機能では、条文の並べ替えであったり、条文番号の振り方での①なのか(1)にするかのような細かい所も統一することができたのは大きかったですね。

設問形式での規程作成は、予め用意された設問に回答するだけで簡単に規程を作成できるので、経験値がなくても、最低限の就業規則を作成することができます。この2点の機能で前述した体裁や規程のクオリティの統一という事務所全体の課題を克服することができました。

●弊社のサポート面はいかがでしょうか?

藤武先生:操作方法など不明点がある時に、サポートの方に質問させていただくこともございます。KiteRaのサポートはとても早く返信いただけるので、満足しています。さらに機能面も随時アップデートしていただいているので、今後の更なる業務効率化に期待しております。

KiteRa以外の選択肢を考えたことがない

●現在KiteRaを検討している社労士の先生方にメッセージがあればお聞かせください

藤武先生:お客様と1対1で就業規則を作成していくことは、社労士にとってやりがいを感じる業務であると思います。KiteRaの条文の編集機能や就業規則&36協定届の電子申請などの機能は、社労士が常に課題に感じている所を簡単にカバーすることがと思います。

私自身、KiteRa以外の選択肢を考えたことがなく、規程業務については、KiteRaから離れることができないと思っておりますし、PCに詳しくない方ほど是非KiteRaをお試しいただきたいです。

一度使うと必ず業務効率化を実感することができると思いますので、ぜひ使ってていただくことをお勧めさせていただきます。

●貴重なお話をありがとうございました!是非これからもよろしくお願いいたします